前日に戻る 旅程表に戻る 次の日へ行く

第6日目



<今日のイベント:Zaltsburg ザルツブルグ1日観光>

EC
bound fot Zaltburg1 EC
bound fot Zaltburg2 BB in Zaltburg
Viennaの朝、外には雪が積もっていた。急遽、Zaltsbulgまで足を延ばすことにする。WestvanhofからECに 乗って約3時間。相変わらず雪が降っているが、次第に雨に変わる。外の景色はウィーンの森そのもの。 富士通の”車窓の旅”と同じ風景が目の前にある。ザルツブルグも雨になっていた。駅前で日本では黒部ルート くらいしかお目にかかれないトロリーバスに遭遇した。これも環境対策?

Mirabellgarten1 Mirabellgarten2 帰りの時間を考えると滞在できるのはせいぜい4時間。Sound of musicのロケ地を辿りたいが、土地勘が無く、 なかなか見つからない。まずミラベル庭園を目指す。まだまだ花は極く僅か。以降の文章は Sound of musicの各シーンを思い出しながら書いている。

Salzach 何度も出てきた、ザルツァッハ川。

Monchberg ドレミの歌を歌いながら歩いたメンヒスベルグの丘。

Monchberg2 メンヒスベルグの丘から見下ろした旧市街。このカットも出てきたかなぁ。

Monchberg3 メンヒスベルグの展望台。

Pferdeschwemme ピクニックの途中に立ち寄った馬洗い池。雨がいよいよひどくなる。

Mozarts Geburtshaus モーツァルト生家の入り口。人の往来が激しく、シャッターチャンスがなかなか来なかった。

Getreidegasse モーツァルト生家が面しているゲトライデガッセ(ゲトライデ通り)。

Mozartsteg" こ、これがあのモーツァルト小橋。

Mozartsteg あのモーツァルト小橋、私はどうしても渡りたかったが、家族は怪訝そうな顔。男の ロマンなのよ、って大袈裟なことでもないが。

Mozartsteg という訳でどうしても登場したい私。

Mozartsteg みんな、先に行ってしまいました。

Monchsberg" メンヒスベルグを見上げた所。たぶん。

メンヒスベルグへは山をくり抜いたエレベーター(Monchsberg)で上がったのだが、その中 で息子が覚えた唯一のドイツ語をオペレーターに披露したが、理解してもらえず。 息子の名誉の為に何を話しかけたかは伏せておく。

見物はここまでで時間切れ。そのままザルツブルグ中央駅(Hauptbahnhof)に戻る。

もし、もう1度Austriaに来る機会があればZaltsbulgに泊まりたいと思う。帰りの列車はECではなく、 ICだったがdining-carの連結は無し。crewに聞くとお客が少ない時間なので・・・、という答え。

車販が回ってきたが、何と先ほど質問したcrewだった。サンドイッチとビール、コーラを入手し、何とか 落ちつく。時刻を考えると今夜の夕食はこれでおしまい。

子供達が折り紙で菖蒲の花を折ってさっきのcrewに手渡した。彼はいたく感動した様子で家にそれを飾る と言って乗務員室に戻って行った。

ウィーンに戻ったのは午後11時近く。ホテルに着くなりバタンキュー。海外旅行は早起きすべき ということを肝に銘じた1日でした。

前日に戻る 旅程表に戻る 次の日へ行く

log


トップページへ戻る




メールサーバーがダウンしている時の為に、このアドレスも覚えておいて下さい。
If main mail-server is down , you should remember the upper spare e-mail address.